カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

最近の記事


*クリック募金*


最近のコメント


プロフィール

我無見絵(がむっち)

Author:我無見絵(がむっち)


Pixiv


ブログ内検索


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過報告

06/06/21付

父親の手術はおかげさまで無事に終わりました。

叔父やら従兄弟やら来て、精神的に疲れましたよ…。
心配して来てくれてるのはわかるんですけど…ね。
気持ちはもちろんありがたかったですが、手術当日に来られても何も出来ないし。
何より、大変だ大変だと煽られると、母親がよけい精神的にまいってしまうんですよ。

術前の説明をされたとき、こんな機会はめったとないので

「手術の様子を見学させていただくことはできますか?」

と訊ねたら、案の定断られました。
せっかく頭蓋骨に穴開けるところを見せていただきたかったのですけど。
そういう権利は家族にも無いらしい。

前日遅かったのでメールを送れなかった、脳外科医をご主人に持つスタッフの看護師さんに

    [慢性硬膜下血腫の手術は難しいものではないですか?]

とメールを送ったところ、
 
      [脳外科の手術のなかでは簡単なほうです]

とのお返事をいただいたので、母も安心したようでした。
本当こんな時に専門家の意見が聞けるのはありがたいですね。

これからまた様子をみて、頭の中の血が抜けててCT上の異常も無ければ入れてるドレーン(管)を抜くそうです。
もう片方見つかった血腫も、今はまだ小さいので経過をみていくとの事。
特に術後感染やら身体がびっくりして異常が起きる等が無く順調にいけば、来週末には退院できるそうなので良かったです。

父ってば意外と寂しんぼうなので、術後会いにいったら離れたくなさそうでした。
「右手力入る?夜ちゃんと寝れる?どこか痛いところ無い?」
「うん…大丈夫…」
って、どっちが親だかわかりません。


06/06/22 〈曇り〉

仕事が終わったところで母からの着信があったので、掛けなおしました。

「オトンどうよー?」

「もう歩いてる。ご飯も食べてるよ」

…さっすが、ゴリラの血が混じってる人は違うね。

動けるようになったとたん、テレビ観たいだのなんだの言い出したそうです。
あちこち動き回って、色々院内を探検したんだとか。
どーしようもないオッサンです。

ノートやら身の回りのものなどを母が届けたんですが、あたしが色々用意したんだと聞いたら、ちょっとホロリとしてたらしいです。

…今のうちに恩に着せておくか。

はい、言い方キツイですが愛情はあります。ホントです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。